ARTICLE

欲しいものはコロナの中

あけましておめでとうございます。
1月19日火曜日の朝です。
 
 
今さらながら昨年はお世話になりました。
思うようにいかないクソみたいな年でも
営業を続けられたのは、月並みな言い方でも
お付き合いいただいた方たちのおかげです。
心から本当にありがとうございました。
 
 
年末からろくに更新しないのは職務怠慢に
他なりませんが、仕事とわかっていながらも
開いたと同時に情報の波が押し寄せてくる
インスタに疲れてしまった。それが本音。
でしばらくシャットダウン?アウト?しました。

インスタグラムってインスタント食品みたいで、
慣れると味覚が麻痺する。食で言えば繊細な味、
服で言えばモノと人との間にある機微を
大切にしたいと思っているくせに、舌の感覚が
イカれるような真逆のことをしてる。いずれ
身体まで壊しかねないのに。バカでした。
仕事の一環なので使うは使うけど、健康で
いられる程度に付き合っていきたいです。
 
 
話は変わって、実は先週土曜からしれっと
お店再開しています。遅っ。
特に新しい展開を準備してたとかではなく、
まず開けるかどうか迷ってたっていう・・。
その理由は後の方で書きます。

ご存知かもですが、昨年は海外行ってません。
上半期は一昨年の貯金と自粛で乗り切れたけど、
後半は11月に一昨年のものが届いた以外は
何一つ仕入れをしてません。
よくそれでやってけるなって思われそう笑。

おかげで内容のバランスが崩壊しかけてます。
すごく偏ってるというか、不揃い。
仕入れできないからと予めユルめに張ったはずの
理想と現実を結ぶ糸も切れる寸前です。
東京古着日和効果でもしバカ売れしてたら今頃
どうしてたんだ。そうはならなかったけどな泣!
 
 
古着の仕入れってそんな大変なの?って、
全然そんなことないと思う。
誰かが作ってくれた価値を借りれば多少の
利益も出せるし、正直誰でもできます笑。

大切なのはその手段で、スタイルの話。
マイウェイ。だと思ってる。
モノだけ揃えば手段は厭わないってのは
自分のスタイルではないし、コロナだからと
言っても信念曲げてまでやろうと思えない。
やらんと死ぬってなったらやりますけど笑。
 
自分はデザインやブランド、服単体の情報で
感動したり、心が満たされることなんてないし、
いい服がある=いい店、ではないです。僕は。
全身で表現することなのに、携帯と指一本で
カッコよくなれるわけない。
いまどき頭がカタいのかもしれないけど。
過程をストーリーにできることこそが理想だし、
独自性だし、それがお店だと思ってます。

考えたけどやっぱり自分は現地での仕入れが
自分が作れる価値の根っこになっているので、
まずは行くことが当面の目標です。
まだまったく目処も立ってませんが・・。 
 
 
ここから大切な告知ですが、それまでは
お店の内容はほぼアップデートできません。
情けないけど、でもどうしようもない。
直近で来てくれた方々は気をつけてください。
ほとんど内容変えられないので・・。
開けるかどうかで迷ったのはそれが理由です。

今は余力がないっていう状況を素直に認めて、
その上で今あるものに自信もって大切にする。
それが現状で自分がやるべきことかなと。
何よりできる限り自分に正直でいたい。
悲観してもいないし、元々ネガティブだし、
身体は普通に健康だし、単に実力不足ってだけ。
まあそれが問題なんだけど笑。

メインの内容が更新できないので、
1レールだけleftover並べることにしました。
いにしえのストックを掘り起こしてます。
上町に引っ越してきて以来、4年ぶり。
意地でも使いたくない言葉があって
分かりづらいですが察してください笑。
 
 
こんな状況でも現地に行ってるお店がある。
めちゃくちゃカッコいいです。
陰ながら尊敬しています。古着屋の鑑です。
あなた方が日本の古着を支えています。
今の自分は遠く及ばないけど、できるだけ、
少しでも追いつきたいと思ってます。
 
 
長々と失礼しました。
こんな感じでホント申し訳ないですが、
今年もどうぞよろしくお願いします。